RPE(北野幸伯さんのメルマガ)研究室

RPE備忘録と政治・思想哲学・宗教などの思索

【RPE】★プーチン、金正恩を招待、なぜ?

f:id:ekikyorongo:20180606081226j:plain

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


プーチンが、金正恩をロシアに招待しました。


<ロシア大統領、9月の極東フォーラムに正恩氏招待=外相訪朝で伝える

6/4(月) 17:55配信

【モスクワ時事】ロシア下院のメリニコフ第1副議長は4日、プーチン大統領北朝鮮金正恩朝鮮労働党委員長を9月に極東ウラジオストクで開催される「東方経済フォーラム」に招いたことを明らかにした。

モスクワを訪問した北朝鮮最高人民会議代表団との会合で語った。>

 

「東方経済フォーラム」は、9月11日〜13日に開催されるそうです。

安倍総理も参加される予定ですから、「日朝首脳会談」も行われるかもしれません。


ところでプーチンは、金に会って、何をいうつもりなのでしょうか?

 

プーチン・ロシアにとっての北朝鮮

 

基本から抑えておきましょう。

プーチン・ロシアの本質は、「アメリカが悪の根源だ!」という信念です。

なぜ、そういう信念が形成されたのでしょうか?

まず、「共産主義教」がそう教えていた。

共産主義教は、「資本主義が悪の根源」と教えます。

そして、「悪の資本主義の総本山は、アメリカ(とイギリス)である。

それで、1917〜1991年までつづいたソ連の主敵は、米英でした。

1991年末にソ連が崩壊すると、新生ロシアと米英の関係は一時よくなった。

しかし、関係は徐々に悪化していきました。

ロシア側にいわせると、理由は、「アメリカがNATOを拡大したから」となります。

NATOは、いうまでもなく「反ロシア軍事ブロック」。

ソ連崩壊後、NATO加盟国は13か国増えた。

そのほとんどは、かつてロシア(ソ連)の影響圏だった東欧の国々です。

バルト3国は、旧ソ連、つまりロシアにとっては、「かつて自国領だった国々」である。

さらに、アメリカは、これも旧ソ連で、ロシアの隣国、ウクライナグルジアNATOに入れようとしている。


「反ロシア軍事同盟を、どんどん拡大している」


プーチンがアメリカを憎悪している理由は、ここにあるのです。


ロシアの西側は、こんな感じ。


東側はどうでしょうか?

こちらには、アメリカの同盟国・日本と韓国がいる。

北朝鮮の位置づけは、「アメリカの侵略を防ぐ『緩衝国家』。

ですから、プーチンは、ロシアの国益のために北朝鮮と金を守ります。

彼は、どうやって金を守っているのか?

ここでは長くなるので詳述しません。

興味のある方は、こちらをご一読ください。

https://diamond.jp/articles/-/140798

 

プーチンにとっての北朝鮮核問題

 

では、プーチンにとって、北朝鮮核問題はどうなのでしょうか?

彼の主張は、以下のとおりです。


北朝鮮の非核化を支持する

・問題は、対話によって解決すべきである(戦争反対)


なぜこういう話になるのでしょうか?


ロシアが、北朝鮮の非核化を支持しているのは確かです。

しかし、その理由は、日本、アメリカ、韓国とは違う。

日米韓が、北の核に反対するのは、「核攻撃されるリスクがあるから」。

とても深刻ですね。


一方、ロシアには、「北から核攻撃される」というリスクがありません。

しかし、ロシアは「核の寡占状態を維持したい」ので北の核に反対します。

もし「北の核はOK」という話になれば、日本や韓国の核武装を阻止できる根拠がなくなってしまう。


次に、なぜロシアは、戦争反対、対話支持なのでしょうか?

これは、わかりますね。

戦争になれば、必ずアメリカが勝つ。

そうなると、「緩衝国家」は消滅し、戦後、ロシアと北の国境に米軍基地ができる可能性が高い。

これは困ります。

 

プーチンは、金に何をいうか?

 

6月12日の米朝首脳会談でどうなるかにもよりますが。

それでも、プーチンが金に伝えるメッセージは、同じだと思います。


つまり、「決して、決して、決してアメリカを信じるな!」。


プーチンは、アメリカのイラク戦争に反対でした。

しかし、守り切れず、フセインは殺された。


プーチンは、2011年の米英仏によるリビア攻撃に反対でした。

しかし、彼は当時首相で、大統領はアメリカ好きのメドベージェフだった。

メドは、アメリカに取り込まれ、カダフィを見捨てた。

結果、カダフィは殺されました。


そしてプーチンは今、シリアのアサドを、守っています。

アメリカは、熱心に「反アサド」を支援していましたが、7年の内戦を経て、いまだにアサドを倒せないでいる。


ロシアは、「緩衝国家」の長・金正恩を、これからも可能なかぎり守ることでしょう。

日本にとって、とても迷惑なことですが、「ロシアの国益は何で、プーチンの考えはこうで」ということは、正確に知っておく必要があるでしょう。

ーー

それにしても、世界情勢は複雑ですね。

すっきり、くっきり知ることはできないでしょうか?

こちらを読めば、全部一気に理解できるようになります。

迷うことなく、ご一読ください。↓

 

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う