RPE(北野幸伯さんのメルマガ)研究室

RPE備忘録と政治・思想哲学・宗教などの思索

【RPE】★トランプ、金正恩の「右腕」とホワイトハウスで会談

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


国際社会は、「米朝首脳会談の行方」に注目しています。

6月12日に、行われるのだろうか?

行われるとすると、どんな結果になるのだろうか?


さて、トランプさんは6月1日、世界を仰天させることをしました。

金正恩の「右腕」と呼ばれる金英哲さんと、ホワイトハウスで会談したのです。

AFP=時事6月2日。

 

ドナルド・トランプDonald Trump米大統領は1日、北朝鮮金正恩キム・ジョンウン、Kim Jong Un)朝鮮労働党委員長の右腕とされる金英哲(キム・ヨンチョル、Kim Yong-Chol)党副委員長(72)をホワイトハウス(White House)に迎えて会談した。>

 

なぜこのことが世界を仰天させたのでしょうか?

 

<スパイ組織のリーダー、軍幹部、特使、党幹部などの肩書を持つ金氏は過去20年間でホワイトハウスを訪れた北朝鮮の高官では最も高位の人物。

慣例に従えば、地政学的に敵対している国の高官で個人としても制裁対象になっている金氏のような人物との会談は、建物の奧で内密にひっそりと行われるところだ。

しかしトランプ氏のホワイトハウスはそうしなかった。

金氏はジョン・ケリー(John Kelly)大統領首席補佐官に迎えられ、列柱を配した通路を抜けて大統領執務室(Oval Office)へと向かった。

国家元首でもないのにこのような迎えられ方をするのはまれなことだ。

残虐な政権で知られる国からの訪問者ということを考えればさらにまれだと言える。>(同上)

 

トランプさんは、金英哲さんが、


・アメリカを核で恫喝している国の人

・制裁対象になっている人

・人権完全無視の残虐国家高官


であることなどを完全無視して、大いに歓待したと。

どんな感じだったのでしょうか?

 

ホワイトハウスの関係者らは、トランプ大統領との会談は仮に実現したとしても、社交辞令を交わし、金正恩氏からの親書を手渡すだけの短時間のものになるだろうと考えていた。しかし会談は90分近くも続き、会談を終えたトランプ氏は


「われわれはほぼすべて話し合った。たくさん話した」


と述べた。>(同上)

 

予想外の長話になったのですね。

トランプさんと金さんは、何を話したのでしょうか?

詳細はわかりません。

しかし、これまでの経緯を見れば、想像できます。


金正恩は、父・金正日の「成功」を真似ようとしていた。

つまり、非核化を約束し、制裁を解除させ、経済支援を受ける。

しかし、核兵器は、ちゃっかり保有しつづける。


ところがトランプは、「核兵器放棄が先、制裁解除はその後」という立場。


それで、北は、「そんな要求は飲めない。核最終戦争で決着をつけよう!」と恫喝した。

すると、トランプは、「そういうことであれば、6月12日の会談はやめる!」と宣言した。


北は驚いて、「いやいや、是非ともやりましょう!」と文さんに泣きついた。

トランプは、「じゃあやりましょう」とまた態度を変えた。


何度も書いているので、詳細は省きました。


この過程で、「条件闘争」は、新たな段階に入っています。

つまり、「制裁を徐々に解除」「非核化を徐々に進める」という金正恩の「ウソ計画」に、トランプは乗らない。

話しの核心は、「核兵器を放棄するかわりに、絶対的な体制保証を与える」に移っている。

金は、03年に核開発をやめ、11年に殺されたカダフィのようになりたくない。


トランプは、なぜ金英哲を歓待したのか?

これは、「私(トランプ)があなたたちに与える『体制保証』を信じても大丈夫ですよ!」と

安心させるためでしょう。


何を話したのか?

トランプは金に、「アメリカは、北に完全な体制保証を与えることを約束する!」などと話した可能性が高い。


北は、トランプの誠意を信じて、「核兵器放棄、体制保証、後制裁解除」というディールに応じるのでしょうか?


成功すれば、トランプは、まさに「ノーベル平和賞もの」ですね。

うまくいくことを願います。

ーーー

まことに国際社会は、だましあい・・・。

日本もだまされっぱなしですが、真実はどこにあるのでしょうか?

洗脳から脱却して、事実、真実を知りたい方は、こちらをご一読ください。

全部わかってしまいます。

 

 

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う

 

 

 

国際政治 - 恐怖と希望 (中公新書)