RPE(北野幸伯さんのメルマガ)研究室

RPE備忘録と政治・思想哲学・宗教などの思索

【RPE】★トランプ、【最悪】外交

 

 

トランプ外交が最悪になっています。

 


全世界RPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


トランプさんの外交が、最悪レベルになっています。

どういうことでしょうか?

 

▼最悪の米ロ関係

 

まず、アメリカとロシアの関係は、最悪です。

トランプさんは、昔も今も「親ロシア」「親プーチン」。

しかし、全民主党共和党反ロシア派が強く、和解できないでいる。

現在

・クリミア併合

・ロシアのウクライナ内戦介入

・ロシアが、シリア・アサドを助けていること

・ロシアがアメリカ大統領選挙に介入したこと(ロシアは否定)

・ロシアが、元諜報員スクリパリと娘を殺そうとしたこと(ロシアは否定)


などを理由に、制裁がますます強化されている。

 

▼貿易戦争で悪化する米中関係

 

もし、アメリカがロシアをつぶすつもりなら、どうすればいいのでしょうか?

定石は、「中国と組んでロシアをつぶす」となるでしょう。

アメリカはニクソン時代、中国と和解し、ソ連に対抗しました。


しかし、トランプさんは、何をやったか?

そう、「米中貿易戦争」を開始した。

現在米中関係は、アメリカ主導の貿易戦争で悪化しています。


つまり、アメリカは、ロシア、中国、二大国との関係を同時に悪化させている。

もしアメリカが中国に勝ちたいなら、ロシアと和解して中国と対峙すべきなのです。

ひょっとすると、トランプはそうしたいのかもしれない。

しかし、既述のように、アメリカは現在、中ロを同時に敵にしています。

 

▼イラン核合意離脱で悪化する米欧関係

 

さらに、トランプは、「イラン核合意」からの離脱を宣言した。

この合意は、イランと、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、ロシア、中国によるものです。

ここからアメリカは離脱する。

ところが、イギリス、フランス、ドイツ、ロシア、中国、ドイツ、イランは、この合意支持なのです。

結果、欧州は、この合意を維持するために、ロシア、中国、イランとの関係を改善させている。

さらに、アメリカは、「欧州と貿易戦争をはじめる!」

(ドイツとロシアを結ぶ海底ガスパイプライン)「『ノルドストリーム2』に建設参加する企業には制裁を科す!」

と脅しています。

中ロとの関係が悪ければ、せめて欧州のとの関係は良好に保つべきでしょう?

ところがトランプは、遠慮なく欧州との関係を悪化させています。

 

米朝関係も悪化

 

北朝鮮核問題は、もともと「圧力派」と「対話派」にわかれていました。

日米は、「圧力派」。

中ロは、「対話派」。


しかし、北は今年1月、突然「対話派」になった。

そして、韓国を「対話派」に引きずり込んだ。

さらにトランプが、「米朝首脳会談をやる!」と宣言し、「対話派」になった。

以前も書きましたが、これは当然のことです。

というのは、「圧力派」は、「非核化前提の対話」を求めていたのでしょう?

金が「非核化前提の対話を」と譲歩したので対話しなければおかしい。

日本は、「初期の目的」を忘れ、「唯一の圧力派」になり孤立しました。

しかし、安倍総理は、間違いに気づき、「対話派」にちゃっかり加わった。

現在、日本、アメリカ、中国、ロシア、韓国、北朝鮮、皆が「対話派」です。

しかし、「条件闘争」になっている。

日米は、「非核化」の後に「制裁解除」。

中ロ北韓は、「段階的非核化」「段階的制裁解除」を主張しています。

金の本音は、交渉によって制裁を解除させ、核は保有しつづけたいのでしょう。


米朝関係は、よくなった。

ところが、大統領補佐官のネオコンボルトンさんが「リビア方式で行く!」と宣言し、再び悪化しました。

皆さんご存知のように、北朝鮮は、「米朝首脳会談やめる!」といっています。


リビア方式」とは、「核開発停止、放棄」、その後「制裁解除」です。

これ、本質は日本の主張と同じですね。

しかし、これを実行したカダフィは、8年後に殺されています。


リビア方式」といえば、金は、「カダフィのように俺を殺すつもりだな!」と確信するでしょう。

 

別の言葉を使って、「非核化と完全体制保証を同時に進める」

「その後制裁解除」。

北朝鮮が納得する形で「体制保証」すればいいのです。

しかし、ボルトンさんが高飛車にでることで、米朝首脳会談が危機に陥りました。

 

▼世界を敵にするトランプ

 

まとめてみましょう。

・米ロ関係は、最悪

・米中関係は、貿易戦争で悪化中

・米欧関係は、イラン問題、貿易問題、ガスパイプライン問題などで悪化

米朝関係は、リビア方式で悪化


というわけで、アメリカは現在、


欧州、中国、ロシア、イラン、北朝鮮


との関係を悪化させています。

はっきりいうと、トランプ外交「メチャクチャ」です。

なぜこういうことが起こるのでしょうか?

ビジネスマン・トランプさんの頭の中には、「大戦略」がないのでしょう。

世界最高の戦略家ルトワックさん、リアリズム神ミアシャイマーさんは、はっきりとアメリカの「あるべき大戦略」について語っています。


つまり、

・アメリカ最大の敵は、中国である

・アメリカは、ロシアと和解して、中国を封じ込めろ


見える構図は、


・アメリカ、日本、欧州、ロシアで中国を封じ込める


です。

必勝ですね。


ところが今のアメリカは、欧州、ロシア、中国との関係を悪化させている。

結果的に、欧州、ロシア、中国が一体化していく。

まさに最悪。

====

「アメリカの大戦略はわかりました。ところで、日本の大戦略は、どうなのでしょうか????」


難しい問題ですが、↓を読めば全部わかるようになります。

 

●PS(★キンドル版もあり)

北野の新刊でました。


・発売4日で2刷、一か月で3刷決定!

・アマゾン、外交・国際関係部門、国際政治情勢部門、政治入門部門、トリプル1位を達成。

これを読むと、中国驚愕の対日戦略のすべてと、それを無力化する方法が全部わかります。

今、世界と日本で起こっていることの裏を知りたい方は、是非こちらをご一読ください。

 

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う