RPE(北野幸伯さんのメルマガ)研究室

RPE備忘録と政治・思想哲学・宗教などの思索

【RPE】★北朝鮮、なぜ「米朝首脳会談やめます!」なのか??

 

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


皆さんご存知と思いますが。

北朝鮮は、「米朝会談を中止する!」と警告しました。

 

北朝鮮米朝首脳会談の中止を警告 一方的な核放棄要求に反発

BBC NEWS 5/16(水) 15:22配信

北朝鮮は16日、米国が一方的な核兵器の放棄を要求し続けるなら、来月12日に予定されている米朝首脳会談を中止する意向だと明らかにした。>


北は、なぜ怒っているのでしょうか?

 

<超タカ派ボルトン氏は先月、北朝鮮の非核化に「リビア方式」を適用すべきだと示唆した。>(同上)

 

北は「リビア方式」に激怒しているのです。

なぜ?

 

<これについて多くの専門家は、2003年に当時のカダフィ政権が大量破壊兵器の開発放棄を約束し、国際機関の査察を受け入れた後、政権が崩壊した経緯があるため、北朝鮮の警戒心を呼ぶだろうと指摘していた。>(同上)

 

これ、メルマガで何度も書いています。

2003年、リビアカダフィ大佐は、「核兵器を開発していた」事実を認め、「開発放棄」を約束した。

そして、即座に実行した。

これで欧米とリビアの関係は一時よくなり、制裁は解除され、「テロ支援国家」からも外された。


しかし、2011年に内戦が勃発すると、アメリカは「反カダフィ」を支援した。

NATO軍の空爆カダフィ政権は弱体化。

結局、彼はアメリカが支援する反体制派につかまり、残虐に殺されました。


有名なネオコンで大統領補佐官のボルトンさんは、「リビア方式」に言及している。

金からは、どんな未来が見えるでしょうか?


1、米朝首脳会談が開かれ、「リビア方式」で合意させられる

2、IAEAがきて、北の核兵器ICBMなどが廃棄される

3、その後、制裁は解除される

4、世界中から投資も入ってきて、北朝鮮経済は、発展しはじめる

5、一方で、アメリカは「反体制派」を北朝鮮に育てる

6、「反体制派」は、大規模な「反金デモ」を起こす

7、金は武力を使って鎮圧を試み、内戦ぼっ発

8、米軍は反体制派を支援し、介入

9、核をもたない金政権は、なすすべもなく敗北

10、金はとらえられ、フセインカダフィのように処刑される


とまあ、こんな感じでしょう。


それにしても、「非核化」を約束した金の本音は、どこにあるのでしょうか?

これも何度か書いていますが、父親の金正日のように、「うまくだまそう!」としているのですね。


1994年6月、北朝鮮は、NPTからの脱退を宣言した。

同年10月、米朝合意。

アメリカは、北に軽水炉、食料、重油を提供。

北は、NPTに復帰し、「核開発凍結」を約束しました。

ところが、北はウソをついて、核開発をつづけた。


2003年、北朝鮮は、NPTを脱退。

6か国協議がはじまりました。

05年2月、北朝鮮、「核保有宣言」。

同年9月、北「すべての核兵器を廃棄する」宣言。

現状を見れば、北がウソをつきつづけてきたことは明白。


これを、北は、「段階的非核化」といいます。

しかし、本音は、


1、非核化を約束する

2、制裁を解除させる

3、ちゃっかり経済支援も受け取る

4、中国、韓国などとの貿易拡大で、経済を成長させる

5、しかし、核兵器保有しつづける


となります。

前回のメルマガにも書きましたが、この方式(ウソ)は、北だけでなく、


中国、ロシア、韓国


も支持しているのです。

日本は、「非核化が実現するまで制裁を緩めるな」という立場。

ボルトンさんも同じ。


トランプさんやポンぺオ国務長官の立場は、はっきりしません。

しかし、トランプさんが、イランとケンカをはじめたことを見ると、「金に妥協するつもりなのではないか?」と不安になります。


これからどうなるのでしょうか?

金がどう判断するかは、なかなか読みがたいです。


トランプさんが譲歩して、(あるいは譲歩するフリをして)米朝首脳会談が開かれるのか?

米朝首脳会談が行われず、再び対立が激怒していくのか?


この辺は流動的ですので、どうなるか見てみましょう。

====

ホントに、国際関係は、「だましあい」ですね。

ナイーブな日本は、サバイバルできるでしょうか?

サバイバルするための一歩は、「ウソ」と「ホント」
をみわけることです。

どうやって?

こちらを読めば、全部わかります。


●PS(★キンドル版もあり)

北野の新刊でました。


・発売4日で2刷、一か月で3刷決定!

・アマゾン、外交・国際関係部門、国際政治情勢部門、政治入門部門、トリプル1位を達成。

これを読むと、中国驚愕の対日戦略のすべてと、それを無力化する方法が全部わかります。

今、世界と日本で起こっていることの裏を知りたい方は、是非こちらをご一読ください。

 

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う