RPE(北野幸伯さんのメルマガ)研究室

RPE備忘録と政治・思想哲学・宗教などの思索

プーチン4期目スタート、ロシアはどうなる?

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


昨日は、プーチンの大統領就任式でした。

4期目がはじまります。

ロシアは、どうなるのでしょうか???

 

▼1~3期目を振り返る

 

超簡単に、プーチンの1~3期目を振り返ってみましょう。


・1期目(2000~04年)

プーチン1期目、メインテーマは、「新興財閥との戦い」でした。

90年代、新興財閥がロシアを牛耳っていた。

90年代後半には、「7人の銀行家が、ロシアの富の半分を支配している」といわれていた。

そして、ロシア国民は、新興財閥軍団を憎んでいたのです。

プーチンは2000年、大統領になると、早速「新興財閥征伐」を開始しました。

そして、

・「クレムリンゴッドファーザー」とよばれたベレゾフスキー

・「ロシアのメディア王」とよばれたグシンスキー

・「ロシアの石油王」とよばれたホドルコフスキー


を次々と打倒した。

ベレゾフスキーは、イギリスに逃げ、後死亡。

グシンスキーは、イスラエルに逃亡。

ホドルコフスキーは、シベリア送りにされた。

(2013年、彼は出所し、ロンドンに移住。今は、元気に「反プーチン運動」を行っています。)

 

・二期目(04~08年)

プーチン二期目、今度はアメリカとの戦いが激化します。

米ロ対立は、03年からはじまっていました。

プーチンは、アメリカのイラク戦争に反対だったのです。

03年には、旧ソ連グルジア(現ジョージア)で革命が起こり、親米反ロ政権が誕生。

04年、ウクライナで革命が起こり、親米反ロ政権が誕生。

05年、キルギスで革命が起こった。


プーチンは、旧ソ連諸国で起こったこれらの革命の背後に「アメリカがいる」と確信。

そして05年、彼は大きな「戦略的決断」をします。

「中国と事実上の同盟関係を築く」こと。

中ロは、一体化して「アメリカ一極主義」に対抗していくことになった。

そして、両国が主導する「上海協力機構」(SCO)を強化し、「一大反米勢力」をつくることにしたのです。

 

・首相時代(08~12年)

一人の人物が大統領になれるのは、「連続二期まで」と憲法にある。

それで、プーチンは08年、大統領を辞めました。

そして、部下のメドベージェフを大統領にし、自分は名目ナンバー2である首相になった。


米ロ対立は、08年ピークに達します。

8月、アメリカの傀儡国家グルジア(現ジョージア)とロシアの戦争が起こった。

しかし9月にリーマン・ショックが起こり、米ロは和解にむかいます。

「米ロ再起動時代」といいます。

この時代は、2012年までつづきました。

 

プーチン3期目(2012~18年)

2012年、プーチンが大統領に返り咲きました。

任期は、憲法改定により、4年から6年に延びています。

プーチンは、「再起動時代」を終わらせ、またアメリカとの戦いを開始します。

そして、着実に勝利を重ねていきました。


例をあげれば、

・2013年9月、アメリカのシリア攻撃を止めた


・2014年3月、クリミアを無血併合


・2014年4月、ウクライナで内戦ぼっ発

プーチン・ロシアは、ウクライナからの独立を目指す東部ルガンスク州ドネツク州を支援。

両州は、事実上の独立状態になった。


・2015年9月、ロシア軍、シリアISへの空爆を開始

ISの資金源である石油インフラを容赦なく破壊。

ISは、急速に弱体化していく。


・2017年12月、プーチン、シリアで「勝利宣言」


シリアでは2011年から内戦がつづいています。

欧米、サウジ、トルコなどは、「反アサド」を支援している。

ロシア、イランは、アサド現大統領を支援している。


そして、2018年5月時点で、アサドは健在。

つまり、ロシアは、シリア代理戦争でアメリカに勝っている。

 

▼強化される制裁、ボロボロの経済

 

勝利をつづけるプーチンですが、ジワリジワリと追いつめられています。

なぜ?

ロシア制裁がますます強化されているから。

もともとは、「クリミア併合」が理由だった。

しかし、現在では、


・ロシアがアメリカ大統領選に介入したこと(ロシアは否定)

・ロシアが、元諜報員スクリパリをイギリスで殺そうとしたこと(ロシアは否定)

・ロシアが国家ぐるみでドーピングをしていたこと(ロシアは否定)


などなど、さまざまな理由が「制裁強化」の口実に使われ、非常に苦しい状態になっています。

少しデータを見てみましょう。

ロシア、プーチンの1、2期目(00~08年)は、年平均7%の成長をつづけていました。


では、プーチン3期目(12~18年)は?

・12年、3.7%

・13年、1.8%

・14年、0.7%(この年、クリミア併合、対ロ制裁はじまる)

・15年、-2.5%

・16年、-0.2%

・17年、1.55%


17年は、原油価格がバレル30ドル台から60ドル台まで倍増したためプラスに転じた。

しかし、1~2期と比べると、「メチャクチャ悪い」ことがわかるでしょう。


2016年時点でロシアのGDPは1兆2807億ドルで世界12位。

これは、韓国(11位)よりも下です。


そして、一人当たりGDPは、8929ドルで世界71位。

平均年収が90万円(!)強というのは、実に厳しい。


ロシアの経済的苦難を示すこんな話もあります。


<ロシア軍事費、20年ぶりに減少 経済的苦境が影響

CNN.CO.JP 5/6(日) 16:59配信

ロシアの軍事費が過去20年で初めて減少を示した

ロンドン(CNNMoney) 軍備管理研究などの団体「ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)」は6日までに、ロシアの昨年の国防費は3・9兆ルーブル(約6兆6300億円)と2016年比で17%減少したと報告した。>

 

軍事費が前年比で、17%減少!

それでも6兆6300億円で、5兆円の日本よりずいぶん多いです。

GDP比では4.3%。

日本の防衛費は、GDP比で1%ですから、ロシア「かなり無理してるな」とわかるでしょう。


景気がちっとも上向かないということで、もちろん国民の不満も高まっています。

それで、5月5日には、ロシア全土で、「プーチンは皇帝ではない!」という反体制デモが起こりました。

 

<著名ブロガー呼びかけ、露各地で反プーチンデモ

読売新聞 5/6(日) 14:23配信

【モスクワ=畑武尊】3月のロシア大統領選で圧勝したプーチン大統領の就任式を7日に控え、就任に反対するデモが5日、ロシア各地で行われた。

人権団体は、全土で1200人以上が警察に拘束されたとしている。

大統領選への出馬が認められなかった著名ブロガーのアレクセイ・ナワリヌイ氏が呼びかけたもので、モスクワ中心部には数千人が集結。

プーチンなきロシアを」「彼は我々の皇帝ではない」などとシュプレヒコールを上げた。

プーチン氏支持者とデモ隊が小競り合いになる場面もあった。>

 

プーチン、苦しい船出

 

さて、ロシアでは3月18日に大統領選挙が行われ、プーチンが76%の投票率で圧勝しました。


「なんで経済的に苦しいのに、プーチン圧勝なんだ!?」


と思いますね。


すぐに思い浮かぶのは、「不正があったのでは?」です。

あったのでしょう。

しかし、完全に公正な選挙だったとしてもやはりプーチンが勝ったと思います。

確かにロシア経済は苦しい。

ですが、一般人のほとんどは、「プーチンのせいで景気が悪い」とは考えないのです。

一番ポピュラーなのは、「制裁を主導しているアメリカが悪い!」という意見。

次に、「アホのメドベージェフ首相が悪い!」さらに、「なぜか米国債を買い増しているロシア中央銀行が悪い!」

いろいろな意見がありますが、ほとんどの人は、「プーチンのせいで」と考えない。

それで、「プーチン圧勝」なのです。


(「反プーチンデモ参加者」も多数いますが、ロシア全体でみるとまだ少数派ということですね。)


プーチン4期目は2024年までつづきます。

正直、ロシアの運命は、「アメリカが握っている」といえるでしょう。

アメリカが制裁を解除すれば、ロシア経済はだいぶ楽になります。

しかし、プーチンは、シリア、ウクライナで戦術的に勝ってしまう。

戦術的に勝つと、恥をかかされたアメリカが、「また制裁を強化する」という悪循環がつづいています。

トランプは、「親ロシア」「親プーチン」で、ロシアをいじめたくないらしい。

しかし、全民主党共和党内の反ロシア派があまりにも多く、和解できない状態がつづいている。


プーチン4期目、ロシアは困難がつづくことが予想されます。


ーーーーーーー

そんなロシアと、日本は「戦略的」にどうつきあっていけばよいのでしょうか???

こちらを読めば、全部わかります。

●PS(★キンドル版もあり)

北野の新刊でました。


・発売4日で2刷、一か月で3刷決定!

・アマゾン、外交・国際関係部門、国際政治情勢部門、政治入門部門、トリプル1位を達成。

これを読むと、中国驚愕の対日戦略のすべてと、それを無力化する方法が全部わかります。

今、世界と日本で起こっていることの裏を知りたい方は、是非こちらをご一読ください。

 

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う