RPE(北野幸伯さんのメルマガ)研究室

RPE備忘録と政治・思想哲学・宗教などの思索

アルメニアの革命

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


日本ではマイナーな国ですが、コーカサス旧ソ連アルメニアで革命が起こりました。


アルメニア首相、就任6日で辞任 長期政権批判デモ受け

朝日新聞DIGITAL 4/23(月) 23:57配信

トルコの東隣のアルメニアからの報道によると、同国のセルジ・サルキシャン首相が23日、辞任した。

17日に就任したばかり。>

 

何が起こったのでしょうか?

 

<サルキシャン氏は2008年から今月上旬まで連続2期10年大統領を務めたが、その権限の多くを首相に移す憲法改正を経て首相にくら替え。事実上の政権長期化を批判する大規模なデモが続いていた。>

(同上)

 

サルキシャンさんは、08年から最近まで大統領だった。

任期切れが近づいたので、憲法を改定。

大統領ではなく首相が実質的権限を持てるようにした。

「大統領と首相がいて、首相が実質的権限を持つ国」もありますね。

たとえば、ドイツの実質トップは、メルケル首相。

しかし、ドイツには大統領もいます。


サルキシャンさんは、10年大統領としてアルメニアに君臨。

今度は、首相として、さらに継続支配を狙った。

ところが、それに反対する大規模デモが起こって、辞任に追いこまれたのです。

革命成就で喜ぶアルメニア国民の様子は、こちら。

https://www.youtube.com/watch?v=8zo6hmjDsl4


旧ソ連国での革命」というと、


「アメリカ国務省が・・・」


とか、


「ソロスのオープンソサイエティが・・・」


とかいう話が、しばしばでてきます。

しかし、現在までそういう情報はありません。

また出てきたら、ご報告します。

 

アルメニアとは?

 

以下、アルメニアについて少々書きます。

時間がある人だけご一読ください。


アルメニアは、コーカサスの小国です。

地図をごらんください。↓
http://www2s.biglobe.ne.jp/~yoss/W-map/Kavkaz.html


東にアゼルバイジャン

北にジョージア(旧グルジア

南に、トルコとイラン


と接しています。

なんというか、「地政学的に恵まれていない」ですね。

まず、海がない。

アルメニアは、「世界で初めてキリスト教を国教にした」ことで有名。

しかし、南にトルコ、イラン、東にアゼルバイジャンイスラム3大国と接しています。

そして、隣のアゼルバイジャンは石油大国なのに、アルメニアには、これといった資源がないのです。

それで、アルメニアを離れてロシアに住む人が多い。


一方、アルメニア人は、「世界で唯一ユダヤ人より優秀な民族」と呼ばれています。

実際ロシアでも、才覚でいいポジションについている人がウジャウジャいる。

私の大学にも、マルゴというアルメニア女性がいましたが、頭脳は天才的でした。

ロシアの国営テレビRTのトップ、マルガリータ・セマニャンもアルメニア系。

私が使っている駐車場のオーナーもアルメニア人。

その隣にある人気レストランのオーナーもアルメニア人。

いつもお世話になっているタクシー運転手ロベルトもアルメニア人。

アルメニア人には、商才があるのでしょう。

普通のタクシー運転手でも、どんどんお金持ちになっていきます。

彼(ロベルト)の長男は、ビットコイン長者。

娘は、あまりにも優秀なので、ロシアの最高峰モスクワ大学に「返済不要」の奨学金を得て入学した。


今回の革命、優秀な民族性を示すかのように、なんとなく「品」がありました。

首相が、「私は間違っていた」といって辞め、「無血革命」が成った。


民族は優秀ながら、地政学的に恵まれない国アルメニア

革命の困難を乗り越え、繁栄の道を歩みはじめることを願います。


ーーー

世界の裏で起こっていることをすべて知りたい方は、こちら。

●PS(★キンドル版もあり)

北野の新刊でました。


・発売4日で2刷、一か月で3刷決定!

・アマゾン、外交・国際関係部門、国際政治情勢部門、政治入門部門、トリプル1位を達成。

これを読むと、中国驚愕の対日戦略のすべてと、それを無力化する方法が全部わかります。

今、世界と日本で起こっていることの裏を知りたい方は、是非こちらをご一読ください。

 

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う