RPE(北野幸伯さんのメルマガ)研究室

RPE備忘録と政治・思想哲学・宗教などの思索

★「トランプは、安倍総理を批判していない!」英語の超プロ が指摘

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


前号では、こんな記事をご紹介しました。

-------------------------------------------
安倍首相は「出し抜いて笑み」=トランプ氏、対日貿易に不満

【ワシントン時事】「安倍晋三首相と話をすると、ほほ笑んでいる。
『こんなに長い間、米国を出し抜くことができたとは信じられない』
という笑みだ」。

トランプ米大統領は22日、ホワイトハウスでの会合で首相につい
てこう語り、対日貿易赤字への不満をあらわにした。

トランプ氏は「偉大な男で、私の友人」と前置きして、首相の笑顔
を解説した。

その上で「こういった時代はもう終わりだ」と述べ、「互恵的」な
関係を求める考えを強調した。

https://www.excite.co.jp/News/world_g/20180323/Jiji_20180323X145.html
-------------------------------------------

それで、この発言の理由を、いろいろ考えたのですが。

私が非常に尊敬する読者の山本さまから、

「原文を読むと、トランプは安倍総理を批判していませんよ!」

というメールをいただきました。

山本さまは、確かな愛国心を持つ方で、なおかつ英語の超プロ
です。

大変興味深い内容ですので、ご紹介させていただきます。


【山本さまのメールここから▼】


<北野様

いつもながらのご健筆、楽しみに読ませていただいております。

RPE最新号について感じるところがありましたのでメールを差し
上げております。

取り上げられているRPE読者の斉藤様が見たというNHKニュース
は見ておりませんが、 内容は時事通信のこの記事のことと思わ
れます。
https://www.jiji.com/jc/ article?k=2018032300576&g=use

この記事が報じるトランプ大統領の発言ですが、 ニューヨーク
タイムズに掲載されていますので比較しました。
https://www.nytimes.com/2018/ 03/23/world/asia/japan-trump- tariffs-trade-.html

(引用)

When announcing $60 billion in tariffs against China on
Thursday, Mr. Trump directed a sugarcoated barb against
Japan and Mr. Abe.

“I’ll talk to Prime Minister Abe of Japan and others
- great guy, friend of mine - and there will be a little
smile on their face,”

Mr. Trump said. “And the smile is, ‘I can’t believe
we’ve been able to take advantage of the United States
for so long.’ So those days are over.”

(引用終わり)

トランプ大統領の発言の中で安倍首相との会話は未来の助動詞
" will"を用いた想像上の、これからすることを意図する会話
になっています。

また会話の対象は安倍首相だけではなく、"others" と述べら
れていますが記事を読むと米国の貿易赤字を増やしている他
国のリーダーのことを差しているのは明白になります。

名指しされているのは安倍首相のみですが、 トランプ大統領
がこれから貿易不均衡是正の交渉をする相手を総括しての発
言と解釈するのが自然でしょう。

発言部分を和訳すれば


「 私は日本の安倍晋三首相やその他のリーダーと話をするつ
もりだ。

安倍はいい男だ。

私の友人でもある。

そのリーダー達の顔には笑みが浮かんでいるだろう。

その笑みの意味は、『米国相手にこんなに長い間take advan
tage of出来たなんて信じられない』というものだ。

これからはそんなことはさせない。」


という感じでしょうか。

対して時事通信の記事はどうか?

この部分を以下のように伝えています。


(引用)

【ワシントン時事】「安倍晋三首相と話をすると、 ほほ笑ん
でいる。

『こんなに長い間、 米国を出し抜くことができたとは信じら
れない』という笑みだ」。

トランプ米大統領は22日、 ホワイトハウスでの会合で首相
についてこう語り、 対日貿易赤字への不満をあらわにした。


トランプ氏は「偉大な男で、私の友人」と前置きして、 首相
の笑顔を解説した。その上で「 こういった時代はもう終わり
だ」と述べ、「互恵的」 な関係を求める考えを強調した。
(2018/03/23-11: 01)

(引用終わり)


この記事の冒頭では「話をすると」 と普通に読むと現在形に
思える書き方になっています。

これですと過去に交わした会話を説明している印象を受けま
す。

これだけでも作為を感じますが、私がより問題だと思うのは
それに続く「 対日貿易赤字への不満をあらわに 」の部分で
す。

先に挙げたトランプ大統領の発言では名指しされているのは
安倍首相だけですが、他国のリーダーも明らかにその 「貿
易赤字への不満をあらわに 」された対象に含まれているか
らです。

さらに、北野様がRPE記事の中で指摘されていた"take adva
ntage of"の部分です。

これを最初に「出し抜く」 と和訳したのが時事通信か私は
知りませんが、 私はこれを悪意のある誤訳と断じます。

日本語の「出し抜く」 には「騙す」という含意があります
が、英語の"take advantage of"には必ずしも騙す意図は含
まれず、相手の好意につけこむ、 という表現です。

翻訳サイトをいくつかチェックしましたが "take advanta
ge of" に「出し抜く」という和訳の例を挙げているサイト
も、

「 出し抜く」という日本語に"take advantage of" という
英訳の例を挙げているサイトも見つけることは出来ません
でした。

翻訳サイトに例を見つけられなかったから誤訳とはなりま
せんが、 この場合には意味が乖離していると思わざるを得
ません。

トランプ大統領のこの発言の和訳としては


「 米国にこれほど長期間、 甘え続け黒字を出し続けられ
たのが信じられない」


くらいの意味でしょう。

そもそも民間企業が行う貿易においてどうすれば相手国を
「 出し抜く」ことが出来るのか、私には理解できません。

その意味でこの誤訳には悪意を感じます。


対してニューヨークタイムズの記事ですが、 抑制が効いた
トーンで危機感を煽る雰囲気にはなっておりません。

同紙の日本支局は朝日新聞ビルに入居しているほどリベラル
なメディアですが、この記事からは反日色を感じません。

執筆者のモトコ・リッチ氏は東京支局長で、 紹介されてい
る経歴では右派のウォールストリートジャーナルに6年間勤
務していたことがあるなどバランスが取れた記者であること
を感じさせます。

事実、この人が過去に執筆した記事を概観しても朝日新聞
を感じるものはないことをお伝えしておきます。

総括として、トランプ大統領の今回の発言を安倍首相攻撃の
材料に使った国内メディアは、 その発言を針小棒大に悪意
で解釈して火のないところに煙を立てた、というのが私の結
論です。


安倍首相が取るべき行動は北野様が指南しておられる通りだ
と思います。

トランプ大統領はそれで問題ないと思いますが、問題は国内
メディアです。

まるで宗教的な熱意で安倍首相降ろしを試みる姿からその背
後の意図が良く分かります。

彼らを背後から操作している勢力には安倍首相がそれだけ邪
魔ということで、 今の我が国がこうしたリーダーに恵まれ
たことに感謝するばかりです。

安倍首相続投が我が国の国益になることは北野様が繰り返し
指摘しておられる通りです。


それにしても世界が1930年代に似て来ている、というご指摘
には頷かざるを得ません。

第一次世界大戦であれだけの犠牲を出し厭戦気分が満ちてい
たはず の世界は二度目の世界大戦を防げませんでした。

世界は既に激動の時代に突入していることを感じます。

それでは北野様のご健筆がその激動の時代を照らす光であり
続けてくださることを祈念して。>


【山本さまのメールここまで▲】


山本様、貴重なご意見、ありがとうございました!

山本様も書いておられますが、

今は、1930年代並の激動の時代です。

日本に敵対する勢力がもっとも望むのは、


「日本とアメリカを分断すること」


これが成れば、尖閣だろうが沖縄だろうが、簡単に奪うことが
できる

皆さんは、彼らの戦略と、それを打倒する方法をご存知ですか

「知りません」ということであれば、是非こちらの情報を入手
してください。

全部わかります。


●PS(★キンドル版もあり)

北野の新刊でました。


・発売4日で2刷、一か月で3刷決定!

・アマゾン、外交・国際関係部門、国際政治情勢部門、政治入
門部門、トリプル1位を達成。

これを読むと、中国驚愕の対日戦略のすべてと、それを無力化
する方法が全部わかります。

今、世界と日本で起こっていることの裏を知りたい方は、是非
こちらをご一読ください。

 

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う