RPE(北野幸伯さんのメルマガ)研究室

RPE備忘録と政治・思想哲学・宗教などの思索

安倍総理は有能、無能?二つの異なる意見

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


昨日、「安倍続投が日本の国益」というお話をしました。

この記事について、「賛成!」「反対!」正反対の意見が
届きました。

興味深いので、ご紹介させていただきます。

(昨日の記事を読んでいないとわけがわかりません。
まだの方は、こちらからご一読ください。↓
http://archives.mag2.com/0000012950/20180320153036000.html )


まずは、「安倍反対」のご意見から。


<●佐藤様からのメール


北野様

メールマガジンの発行お疲れ様です。

いつも為になる情報をありがとうございます。

佐藤と申します。

今回のメールマガジンですが、意見を言いたくメールを差し上
げました。

安倍氏を支えるとの立場のようですが、

安倍氏は奥さんも含めて無能なのでは無いでしょうか。

防衛省大臣の女史を含め人を見る目が無い様です。

もううんざりです。

安倍氏が今回の騒動を乗り越えたとして、
その行き着く先があの憲法改正では希望も何もありません。

あれは米国への属国の

深化になるのでは無いでしょうか
憲法に関しては安倍氏より石破氏の方がマシでは無いでしょう
か。

安倍氏の意向に沿った憲法の原案をまとめるとすると、
自民党も賞味期限が切れているとしか言いようがないです。

現状追認しか出来ない政党です。

民主党などは確かにひどかったですが、
状況に寄っては真の独立に向けて歩むこともあるのでは無い
でしょうか。

今回は安倍氏に休んでもらって、
石破氏などを応援する方がいいのでは無いでしょうか。

僭越ながら、
北野さんの再考を望みます。

安倍氏自民党も属国を深化させる勢力です。

表面的には防衛力を強化している様に見えますが、
根本的な部分には手をつけていないのでは無いでしょうか。>

 

佐藤様のご意見で、私が気になったのは、


安倍氏自民党も属国を深化させる勢力です。>


という部分です。

自民党全体については、そうかもしれません。

しかし安倍総理が、「属国を深化させる」とは思いません。

例をあげましょう。


安倍総理は、オバマさんに逆らって、プーチン・ロシアと和解
した

・トランプさんはTPPから離脱、安倍さんはその後もTPPを推進

・トランプさんは、パリ協定からの離脱を宣言。安倍総理はパリ
協定を支持

・トランプさんは、エルサレムを「イスラエルの首都」と認める
安倍総理は、これを認めず


事実を見ると、安倍総理は、重要問題でしばしばアメリカ大統領
と正反対の立場をとっています。

これで「属国を深化させている」といえるでしょうか?

私はむしろ、安倍総理は「自立外交をしている」と思いますが。


次に、「安倍続投支持」のメールをご紹介します。

韓国在住Sさまからのおたよりです。

 

<●Sさまからのメール

北野様

いつもメルマガで貴重な情報を配信して頂き、
ありがとうございます!

今回、北野さんが安倍政権を擁護して下さる
メルマガを送って下さり、感謝の気持ちを
お伝えしたくてメールしました。

私自身は韓国に住んでいるのですが、
最近、森友問題に対するマスコミの偏向報道
それに踊らされている人々を見て、
日本の未来を憂う気持ちが強くなっています。

日本のマスコミは中国や韓国のスパイ活動に
完全に支配されてしまっているのでしょうね・・・

そして、少し考えれば分かることに気が付かず
いとも簡単に情報操作に引っ掛かってしまう
日本の世論を見ていると正直、悲しみすら
覚えます。

一応、官邸には激励のメールを送りましたが、
それ以上のことは私自身何も出来ることがなく、
無力さも感じていたところ、北野さんが、
このようなメルマガを送って下さったので、
少し溜飲が下がる気持ちがいたしました。

やはり影響力のある北野さんがこのような情報を
発信されるのは、日本の未来にとって、
本当に有益なことだと感じています。

日本の国益をまったく考えない野党やマスコミの
攻撃は今後もさらに続いていくかと思いますが、
日本の未来のためにも、安倍政権がこのピンチを
切り抜けていくことを私も心から願っています。

北野さんにおかれましても、今後、ご自愛されながら、
引き続き、日本の国益となる情報を発信し続けて
いかれることを期待しております。>

 

Sさまのメールがらみで。

安倍総理は、しばしば「右翼」と呼ばれます。

一方民主党政権は、「リベラル」で「平和を好む」といわれて
いました。

ところが他国との関係を見てみましょう。


・鳩山、小沢政権は、アメリカとの関係をボロボロにした

・野田政権は、中国との関係を、戦後最悪にした

・野田さんが総理だった2012年、

韓国の李大統領は、「日王が韓国に来たければ謝罪しろ!」と
発言し、日韓関係は最悪になっていた

ロシアのメドベージェフ首相は、北方領土を訪問、日ロ関係は
険悪になっていた


こう考えると、民主党政権は、極めて短期間で、

・日米関係
日中関係
・日ロ関係
・日韓関係

を破壊しつくしたことがわかります。

一方、「右翼」といわれる安倍総理のおかげで

・日米関係
・日ロ関係

は良好。

 

・日韓関係

も、野田さんの時代と比べると、ずいぶんマシです。

もし日韓関係が悪いとすれば、それは、「慰安合意見直し」
を要求している文さんのせいでしょう。

それでも総理は、「平昌オリンピック」の開会式に参加す
るなど、最大限配慮しています。


そして、

日中関係

も「戦後最悪」だった野田さんの時代と比べると、ずいぶん
マシになりました。

 

事実として、安倍総理のおかげで、日本は北朝鮮以外の国々
といい関係を構築している。

こういう実績をすべて無視して、「安倍総理は無能」という

のは、ずいぶん無理があると思います。

 


ちなみに安倍総理は、中国の「反日統一共同戦線戦略」

「無力化」にも成功しています。

詳細を山盛り証拠つきで知りたい方は、こちらをご一読く
ださい。

全部わかります。↓

●PS(★キンドル版もあり)

北野の新刊でました。


・発売4日で2刷、一か月で3刷決定!

・アマゾン、外交・国際関係部門、国際政治情勢部門、政治入
門部門、トリプル1位を達成。

これを読むと、中国驚愕の対日戦略のすべてと、それを無力化
する方法が全部わかります。

今、世界と日本で起こっていることの裏を知りたい方は、是非
こちらをご一読ください。

 

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う