RPE(北野幸伯さんのメルマガ)研究室

RPE備忘録と政治・思想哲学・宗教などの思索

★プーチンが大統領選で勝利、4期目はどうなる???

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


ロシアで3月18日、大統領選挙が行われました。

結果は、以下のとおり。

(モスクワ時間22時50分時点)


1位、プーチン 74.43%

2位、グルディニン(ロシア共産党)13.84%

3位、ジリノフスキー(ロシア自民党)6.47%

4位、サプチャク(市民イニシアティブ)1.41%


ま、「すべての人の予想通り」ということなのですが。

ちなみに、「ロシア大統領選がらみ」で、これまで二本記事
を書いています。


プーチン再選を阻止したいアメリカの動き、ロシアを揺る
がしたカリスマ・ユーチューバー、プーチンとマジで戦う農
業経営者など↓
http://diamond.jp/articles/-/157404

プーチンの他に、どんな候補がいるの?
「万民平等、共産主義の理想を実現した男?」グルディニン。
プーチンの上司の娘」クセニヤ・サプチャク。↓
http://archives.mag2.com/0000012950/20180316001000000.html


今回は、ざっくり「プーチン4期目はどうなる?」を考えて
みましょう。

 

▼これまでのプーチン

 

少しプーチンの過去を振り返ってみます。


●1期目、2000年5月~04年5月

プーチンは1期目、90年代ロシアを牛耳っていた新興財閥の
大物3人を征伐しました。


1、ベレゾフスキー(クレムリンゴッドファーザーとよば
れた)

2、グシンスキー(ロシアのメディア王)

3、ホドルコフスキー(ロシアの石油王、ユコス元社長)


ベレゾフスキーは、イギリスに逃げ、

グシンスキーは、イスラエルに逃げ、

ホドルコフスキーは、シベリア送りになった。


1期目、プーチンは、早くもアメリカと対立しています。

たとえば、

プーチンは、イラク戦争に反対

ユコス事件(米エクソン・モービルシェブロン・テキサ
コは、ロシアの石油最大手ユコスを買収しようとした。
しかし、プーチンが介入し、これを阻止した。)

・03年、旧ソ連グルジア(現ジョージア)で革命が起こり
「親米反ロシア」のサアカシビリが大統領になる

・04年、旧ソ連ウクライナで革命が起こり、「親米反ロシ
ア」のユーシェンコが大統領になる

 

●2期目(04年5月~08年5月)

ロシア経済は、プーチンの1期2期、驚異的成長をはたしまし
た、

なんと、年平均7%です。

ロシアは、「イケイケ状態」になり、メドベージェフは、

ルーブルを世界通貨にする!!!」などと宣言していたも
のです。

この好景気は、いうまでもなく「原油高」のおかげ。

(08年、原油はバレル140ドル台まで暴騰していた。)


プーチンは、2期目もひきつづきアメリカと戦っていました。


・05年、旧ソ連キルギスで革命が起こる

プーチンは、中国と共に「上海協力機構」(SCO)を強化す
ることで、「反米一極世界崩壊」を画策する

プーチンは、中国と組み、「ドル外し」の流れをつくる


2期目の終わり、ロシアでプーチンは、まさに「神のごとき
存在」になっていました。

 

プーチン「首相」の時代(08年5月~12年5月)

08年5月、プーチンは、「1期4年」「連続2期まで」という憲
法の規定に従い、引退。

習近平とは違いますね・・・。)


そして、メドベージェフが大統領になった。

プーチンは、名目上のナンバー2である首相になりました。


08年8月、アメリカの傀儡国家グルジアとロシアの戦争があ
った。

しかし、その後は「米ロ再起動時代」がはじまり、両国関係
は概して良好だったのです。

ちなみに、メドは、憲法を改定。

大統領任期は、4年から6年に延ばされています。

 

●3期目(2012年5月~18年5月)

プーチンは、大統領に復帰すると、すぐアメリカとの戦いを
再開しました。


・2013年8月~9月、オバマのシリア(アサド)攻撃を阻止。

・2014年2月、ウクライナで革命が起こり、親ロシア・ヤヌ
コビッチ失脚

・2014年3月、クリミア併合

・2014年4月、ウクライナ内戦ぼっ発

ロシアは、ウクライナ東部「親ロシア派」を支援。

ウクライナ新政府を支援する欧米と「代理戦争」になる。


どうも「クリミア併合」は、欧米にとって、「こえてはなら
ない一線」だったようです。

これで、欧米日の「対ロシア制裁」がはじまった。

制裁はいまもつづき、ますます強化され、ロシアをじわじわ
窒息死させようとしています。


2016年11月、「大いなる希望」が現れました。

そう、アメリカ大統領選で、「プーチン愛」を公言するトラ
ンプが勝った。

ロシア政府も、ロシア国民も、「これで制裁は解除される!」
とワクワクしたものです。

しかし、実際彼が大統領になると、「意外と大統領は何もで
きない」ことがわかってきた。

トランプは、「親ロシア」「親プーチン」なのに、民主党

共和党の「反プーチン派」が強く、関係を改善することがで
きない。

それどころか、米ロ関係は、ますます悪化しています。

最近も

・米財務省、ロシア人ブラックリストクレムリン・レポー
ト」を発表

・米財務省、「米大統領選への介入」を理由に、24団体・個
人に新たな制裁を発動

・トランプ、イギリスでロシア人元スパイ・スクリパリが殺
された件で、「ロシアがやったのだろう」と発言


印象では、ロシアと欧米の関係は、「修復できないほど悪化
している」ように見えます。

それが原因で、ロシア経済は低迷しているのですね。

思いだしてください。

プーチンの1期目、2期目は年平均7%の成長だった。

では、プーチン3期目は?

2012年、3.66%

2013年、1.79%

2014年、0.74%(この年、クリミア併合、対ロ制裁発動)

2015年、-2.83%

2016年、-0.23%

2017年、1.8%(原油価格は30ドル台から60ドル台に回復)


ドルベースの名目GDPを見ると、さら驚愕です。


プーチンが大統領に返り咲いた2012年 = 2兆2102億ドル。

2017年 = 1兆4693億ドル。


約34%減少(!)しています。

私がしばしば、「制裁で、ロシア経済はボロボロになった」
と書く理由がわかることでしょう。


というわけで、プーチン4期目は、「苦難の船出」になります。


「欧米と和解して、制裁を解除してもらうこと」が国の発展
には不可欠。

しかし、「クリミア併合」は、「プーチンの歴史的偉業」に
なっているので、絶対返せない。


結局プーチンは、「クリミアを返還せずに、制裁を解除して
もらう」

という「神業」を成し遂げなければならない。


しかし、逆に

「俺たちは何も悪いことをしていないのに、不当な制裁をつ
づける欧米が悪い!」

という、ロジックを強化しながら進んでいく可能性が強い。


世界は、ますます不安定化していきます。


ちなみに、「プーチン4期目」について、もう少し詳細な記
を出す予定です。

●PS(★キンドル版もあり)

北野の新刊でました。


・発売4日で2刷、一か月で3刷決定!

・アマゾン、外交・国際関係部門、国際政治情勢部門、政治入
門部門、トリプル1位を達成。

これを読むと、中国驚愕の対日戦略のすべてと、それを無力化
する方法が全部わかります。

今、世界と日本で起こっていることの裏を知りたい方は、是非
こちらをご一読ください。

 

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う