RPE(北野幸伯さんのメルマガ)研究室

RPE備忘録と政治・思想哲学・宗教などの思索

★日朝首脳会談で、安倍総理は田中角栄の失敗を繰り返すのか?

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

いろいろ大事件が起こっています。


・ティラーソン国務長官解任

・ロシアの元スパイ殺害未遂で、英ロ関係悪化

・アメリカ、シリア・アサド政権攻撃の意志を示す


などなど。

しかし、私が今日のテーマに選んだのは、こちら。

 

<日本政府、北朝鮮との首脳会談を模索へ=政府関係者

ロイター 3/13(火) 22:28配信

[東京 13日 ロイター] - 南北会談と米朝会談が開かれる
見通しになったことを受け、日本政府も北朝鮮との間で首脳会談
を模索する考えであることがわかった。

日本が北朝鮮との間で独自に抱える拉致問題の解決を目指す。

日本の政府関係者が13日、明らかにした。>

 

トランプさんが、金正恩と会談する。

だから、安倍さんも金正恩に会う。

これ、どうなんでしょうか?

 

▼トランプさんは、どんな人?

 

トランプさんは、どんな人なのでしょうか?

大統領になって一年が過ぎ、だいたいわかってきています。


権力、お金、美しい女性たちを愛する、エゴたっぷりの人。

独断型で、「調整」とか「根回し」とか、全然気にしない。

たとえば、


・TPP離脱

・パリ協定離脱

エルサレムを「イスラエルの首都」と認める

金正恩との会談を誰にも相談せず、即決

ツイッターでティラーソンさんを解任


などが、証拠ですね。

こういう人物が、「安倍総理は、金正恩との会談を模索している」
と聞けば、どう思うでしょうか?


「シンゾーが俺の手柄を横取りしようとしている!」


と考えるでしょう。

金正恩は、「すぐに安倍に会おう。そして大歓迎しよう。

そうすればトランプは嫉妬して、日米関係は悪化するだろう」と

考えるかもしれない。

習近平だったら、きっとそう考えるだろうと思います。

ここまでの話、「北野さんの話は、いつも大げさだな~」と思い
ますか?

では、過去の例をお話しましょう。

 

ニクソンキッシンジャーを出し抜いて、恨まれた田中角栄

 

冷戦時代の初期、アメリカは、共産党一党独裁国家・中華人
民共和国を敵視していました。

しかし、ソ連が強大化してきたので、中国と和解することにし
た。


1971年7月15日、ニクソンは、「中国から訪問要請があり、そ
れを了承した」と発表。

アメリカ政府は、日本政府に何の相談もせず、発表内容を知ら
されたのは、その15分前だった。


日本政府は、大きな衝撃を受けました。

ニクソン訪中は、1972年2月。

日本では、田中角栄が72年7月、総理大臣に就任した。

彼は、同年9月訪中し、「アッ」という間に「日中国交正常化
を成し遂げてしまいます。

(ちなみに、米中国交正常化は、1979年。)

アメリカを出し抜こうとする田中総理に、キッシンジャーは大
激怒。

 

「ジャップは最悪の裏切り者!」

 

と絶叫したことが、明らかになっています。

共同通信2006年5月26日から。

 

<「ジャップは最悪の裏切り者」(解禁された米公文書より)
72年にキッシンジャー

【ワシントン26日共同】ニクソン米大統領の中国訪問など
1970年代の米外交政策を主導したキッシンジャー大統領
補佐官(後に国務長官)が72年夏、田中角栄首相が訪中し
日中国交正常化を図る計画を知り

「ジャップ(日本人への蔑称(べっしょう))」

との表現を使って日本を「最悪の裏切り者」と非難していた
ことが、26日までに解禁された米公文書で分かった。>

 

ちなみに、キッシンジャーは、この時の恨みをその後も忘れて
いなかったようです。

アメリカ在住政治アナリスト伊藤貫氏の名著「中国の「核」が
世界を制す」に、キッシンジャーと直接会った時の感想が出て
います。

 

キッシンジャーは、日本人に対して鋭い敵意と嫌悪感を抱い
ている。>(116~117p)


キッシンジャーからは不快なものを感じた。

彼が、日本人をほとんど生理的に嫌悪・軽蔑していることが感
じられたからである。>(同前117p)

 


なにはともあれ、田中総理は、アメリカを出し抜いた。

それで、キッシンジャーは激怒していた。


そのキッシンジャーは今、トランプの顧問をやっています。


安倍さんが、トランプさんを出し抜いて金正恩に会うことを模
索していることを知れば、

 

「ジャップは、今も昔も裏切り者!!!!」


と絶叫することでしょう。

そんなキッシンジャーは、「G2論者」、つまり


「アメリカと中国で世界を共同統治しよう」


という考えの持ち主です。

キッシンジャーは、安倍ー金会談を見て、トランプに、


「ほら、いったとおりでしょう。

ジャップは信用できない。

だから、彼らのようなエゴイストを世界統治に参画させてはいけ
ない。

やはり、米中共同統治でいくべきだ!」


といい、洗脳してしまうかもしれません。

 

では、どうすればいいのでしょうか?

安倍総理は、4月に訪米してトランプさんに会う予定があるので
すね。

その時、トランプさんの功績を大いに褒めまくればいいでしょう。

そして、「拉致被害者の件もお願いします」という。


もし安倍総理が金に会いたければ、米朝会談の後でなければなり
ません。

それも、よくよくトランプさんと相談して、決めなければならな
い。


安倍総理は、歴史の教訓から学び、くれぐれも田中角栄の失敗を
繰り返さないでいただきたいと思います。

この話、「そのとおりだ!」と思われた方、是非総理に教えてあ
げてください。

●PS(★キンドル版もあり)

北野の新刊でました。


・発売4日で2刷、一か月で3刷決定!

・アマゾン、外交・国際関係部門、国際政治情勢部門、政治入
門部門、トリプル1位を達成。

これを読むと、中国驚愕の対日戦略のすべてと、それを無力化
する方法が全部わかります。

今、世界と日本で起こっていることの裏を知りたい方は、是非
こちらをご一読ください。

 

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う