RPE(北野幸伯さんのメルマガ)研究室

RPE備忘録と政治・思想哲学・宗教などの思索

★習近平は、なぜ独裁化を止めることができないのか?

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


前号では、こんな記事を紹介しました。

 

<中国主席、任期撤廃案…習氏の長期政権に道

読売新聞 2/25(日) 18:44配信

【北京=竹内誠一郎】中国国営新華社通信は25日、中国共産
党中央委員会が、「2期10年」と憲法が定める国家主席と国
家副主席の任期について、この規定を削除する憲法改正案を、
3月5日開幕の全国人民代表大会全人代=国会)に提案する
と伝えた。>

 

これで、習近平は法的に「何期でも国家主席でいることが可能
になる」


「終身国家主席も可能になる」


という話でした。

前号について、いろいろ質問が届きました。

その一つが「終身国家主席を目指す」というのは、「大げさす
ぎないか?」というもの。


もちろん、習近平が何を考えているのか私たちにはわかりませ
ん。

実際どうなるのかも、正確に知ることはできません。

しかし、私は「習は終身国家主席を目指すことになるだろう」
と考えています。

その根拠を書きます。

 

▼もともと「巨大な権力欲」をもっていた習近平

 

近藤大介先生の名著

「パックスチャイナ ~ 中華帝国の野望」

に面白い記述があります。


習近平には、尊敬する人が3人いるというのです。


一人は、習仲勲さん。(元副首相)

習近平のお父さんです。

父親を尊敬しているのは、立派です。


二人目は、毛沢東

習近平毛沢東崇拝は、尋常ではないそうです。

中華人民共和国建国の父・毛沢東

神格化を進めた独裁者として知られています。

文化大革命大躍進政策などの大失敗でも知られている。

大躍進政策の失敗で、2000~5000万人餓死したとか。

一方で、アメリカと和解し、中国発展の基と築いたともいえます。


習近平は、「神格化を進めた絶対権力者」毛沢東を異常に尊敬し
ている。

このことは、私たちを不安にさせます。

 

三人目は、プーチン

プーチンは、2000年に大統領になり、今年で18年目。
(08~11年は首相。)


今月の選挙で勝利し、また6年大統領でいることでしょう。

習近平は、プーチンを(独裁者の)「師」として尊敬している
そうです。

彼が国家主席になってはじめてプーチンと会った。

そのとき、プーチンは、気前よく習に「絶対権力者になる方法」
を伝授した。

その方法とは、「エネルギー部門を掌握せよ!」でした。

実際プーチンは、石油最大手ロスネフチとガス最大手ガスプロ
ムを支配しています。

プーチンは習にいいました。


「私がエネルギー産業を掌握している限り、

ロシア政界に波風は立たない」

(56p)


というわけで、習は、毛沢東を目指し、

プーチンを先生として、最初から「絶対権力者」になることを
目指してきた。

今起こっていること、彼の中では「予定通り」なのです。


ニーチェは、「人間の本質は、権力(あるいは力)への意志だ」
といいました。

そうなのかな?と思います。

確かに、「できれば東大」「できれば大企業」「できれば社長」
という人はたくさんいるでしょう。

一方で、「いや、競争しないほうが気楽でいいです」という人
もいますね。

要は、「人それぞれ」だと思うのですが。

しかし、習近平は、どう見ても「巨大な権力欲」をもともとも
っている人なのでしょう。

 

▼独裁者は、親戚、友人、部下を富ませるが・・・

 

「もともと権力欲をもっている」

これは、内面の問題です。

しかし、一度「独裁化プロジェクト」をはじめてしまうと、あ
る段階で止められなくなります。

独裁者は何をするか?

政治と共に、経済基盤を支配しなければならない。

一人で全部は支配できないので、「信用できる人」に支配させ
ることになります。

「信用できる人」とは?

一番信用できるのは、「親戚」でしょう。

次に信用できるのは、「昔からの友人」でしょう。

次の次に信用できるのは、長年習と一緒に働いてきた人でしょ
う。


そして独裁者は、国家の経済基盤を、「親戚」「友人」「部下」
に握らせます。

それで、習と親戚、友人、部下は、経済的に大いに栄えること
になるでしょう。

その状態が5~10年とつづく。

そして習が失脚した。

あるいは、良心が目覚めて、「3期でやめることにする」とな
った。

新しい国家主席が誕生する。

新しい国家主席は、習の親戚、友人、部下から、その経済基盤
を容赦なく奪うでしょう。

結果、習の親戚、友人、部下たちは、貧しくなる。

そればかりでなく、逮捕されるかもしれない。


結局、習、親戚、友人、部下は、「死ぬまで国家主席でいて!」
と願うことになります。

 

▼独裁者は、「殺されること」を恐れる

 

中国は、今でも「独裁国家」です。

しかし、「共産党一党独裁国家」です。

習近平は、これを「私一人の独裁国家」に変えようとしている。

そのために何をする必要があるのでしょうか?


「ライバルをつぶす」こと。


スターリンは、トロツキー、カーメノフ、ジノヴィエフなど革
命の功労者たちを追放、弾圧、殺害することで権力を掌握しま
した。

その後も、キーロフ、トハチェフスキージューコフなど、国
民から支持を得た人物を巧みに排除してきた。


習近平も、

徐才厚(元軍事委員会副主席)

周永康 (元政治局常務委員)

・令計画(元全国政治協商会議副主席、党中央統一戦線工作部
長)

郭伯雄 (元軍事委員会副主席)

・薄煕来(重慶市党委員会書記)

・周本順(河北省党委員会書記)

・蘇樹林(福建省長)


など、「トラ」「大トラ」を次々と退治してきました。

これまで約10万人の党幹部が「失職」「拘留」「逮捕」された。

そればかりでなく、家族が住む場所を失ったり、息子、娘まで
失職している。


このことで、習近平に恨みを持つ人が増殖することになります。

もし習が権力を失えば、恨みを持つ人が、彼に復讐するでしょ
う。


独裁者の末路は、大きく二つにわかれます。


・死ぬまで権力を維持する(例、金日成金正日毛沢東、ス
ターリンなど)

・殺される(例、チャウシェスクフセインカダフィなど)

 

「復讐されない唯一の方法」は、「自分が死ぬまで権力をもち
つづけること」。

というわけで、「権力を失ったら捕まる」あるいは「殺される
」という理由で、

習近平は、「止まれない道」を歩み出したのです。


「独裁者・毛沢東を崇拝するリーダー」がいる隣国。

その隣国は、「日本には沖縄の領有権はない!」としています。

わが国は、どうすればいいのでしょうか?

いますぐこちらをご一読ください。

 

●PS(★キンドル版もあり)

北野の新刊でました。


・発売4日で2刷、一か月で3刷決定!

・アマゾン、外交・国際関係部門、国際政治情勢部門、政治入
門部門、トリプル1位を達成。

これを読むと、中国驚愕の対日戦略のすべてと、それを無力化
する方法が全部わかります。

今、世界と日本で起こっていることの裏を知りたい方は、是非
こちらをご一読ください。

●中国に勝つ日本の大戦略

 

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う